新しい薬は、にきびの新しい希望になる?

改善実感ランキング


お金に余裕がある?

新しいにきび治療を試すときの注意点

電化製品ほどじゃなくても、年々にきびの新しい治療法やにきび薬のスペックが高くなって来てるよね。僕の顔に始めてにきびが出来始めた子供のころは、薬局ににきびの薬を買いに行っても種類自体少なかったし、お店の人に聞く事もなく簡単に見つけられて、何も迷う事なく買ってた気がするけど、今は大変。

医療の専門家が毎日研究して、新しいにきびの薬を開発しているんだろうけど、僕たち消費者側からすると、新しいにきびの薬が増えると嬉しい反面、購入する時に何が自分のにきびの症状に合っているのか分からなくて、正直メンドクサイんだよね。

結局さ、CMで見た事のある薬や新しい薬に目が移って、最後はお店の人に薦められるがままに、新しいにきびの治療法として発売されたにきびの薬を購入しちゃう。乾燥しまくってるのが原因でにきび出来てるのに、乾燥させて治すタイプの薬をもし使っても、新しいものとはいえ、意味無いのにさ。

新しいにきびの治療法として発売された薬が、人によって体格や体質が違っても、みーんなに同じ効果がでるようなら何も悩む必要はないけど、問題がある。新しいにきびの薬を試しても、人によって効果や結果には差が出るのは自然な事だから「これなら100%皆に合う」というものは無いということだ。

にきびは、薬だけでは完治出来ないとも言われてる。僕の子供の頃とは違うから、今はいろいろな技術が進歩して、高性能な新しい医療機器が沢山のクリニックに設置されたり、新しい治療法として新成分が使われた化粧品もあるから、昔よりははるかに、にきびを治すのに時間も苦労も減ったように思うけど、もちろん、それなりのリスクやお金がかかる場合もあるしね。

顔とか身体に出来たにきびは、その人の肌の質や症状に合わせた適切な治療法を受ける事が大事なんだけど、お金に糸目をつけないぜ!って人は、新しい治療法として有名な、レーザーを使った治療法がイイかもね。

このレーザーによるにきびの治療法は、受けるクリニックの選び方とかレーザーの種類選びが大変だけど、名医を知っててお金もあるなら試す価値はあると思う。

新しいにきびの治療法は色々とあるようだけど、不思議と新しいものには、それまでの治療法やにきび薬より数段も優れていて、パワーが感じられるから面白いよ。つまり、やみくもに手を出すのはダメだけど、的確なものなら効果はあるってこと。

年齢や性別に関係なく新しいにきびが出来ると嫌だけど、「新しい方法で本当ににきびが解消されて綺麗な肌になれるのか」って、最初は心配で信用できないな部分があるでしょ?だから、僕が試した新しいにきびの新しい情報を提供してるんだ。


新しいにきびの治療法は、新しいにきびの治療法に関して詳しい人(例えば僕!)の話をよく聞いて(読んで)、「自分だけの新しい治療法」を見つけることがポイントだね。新しいにきびの治療法は、新しいから、というだけで選んだらダメだからね。