漢方で治療するなら漢方に強い医者へ

改善実感ランキング


漢方でにきびが治らなくても方法はあるんだ

にきび治療の方法は実に様々。にきび専用の洗顔料を使う方法や、ピーリングもにきびに効くって話も耳にするし。なにが正しいにきびの治療方法なのか、にきびにも性格がいろいろだから一概には言えないけど、自分に合った方法を探すのって、大切な作業のひとつになってくるよ。

にきび治療の方法のひとつで、漢方の存在は知ってる?にきび治療の為の漢方薬にはいくつか種類があって、肌質や体質によって変わってくるらしい。

フェイスラインのにきび、大人にきびの人には、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)がいいとか、別のにきび治療には桂枝茯苓丸加?苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)がいいとか。これら漢方は、対処療法ではないかと考える人もいる。

残念な事に、この漢方のにきび治療にはひとつ難点もあるんだ。ひとつは、「本当に僕の体質に合った漢方、僕のにきびの原因を解消してくれて、根本的に体質を変えてくれる漢方を処方してくれる医者を探せるかどうか」ということ。次に、ちょっと匂いがきつくて続けられなくなる人もいる点。続けられない人は避ける方が良い。

それらを含めて、にきびの治療に漢方を使うのであれば、心から信頼できる漢方の医者が近くにいるかどうかがポイントになると思う。漢方は金額も高いし、体内に入れる薬なんだから、しっかり問診して個別に処方してくれる漢方医じゃなかったらイヤだな。

漢方薬でにきび治療するなら、しっかりキミの話を聞いてくれる漢方医を探すべき。もし幸運にも見つかるなら、一度試してみるといいかも。

もし近くに無ければ、漢方薬に頼らず、まずはにきびの根本的な理由を自分で知って自分の症状に合った方法で治療する方が断然治りは早いよ。お金もあんまかからないし。

そもそも、いくら漢方の力を借りても、体質がまた悪くなるような行動を起こしていると意味は無いからね。漢方を飲みながら、平行して自分の行動を改めること。またにきびに悩まされる事になるよ。気をつけような。