恐ろしいのは、にきび跡

改善実感ランキング


折角にきびが解消したのに、にきびの部分が赤いシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになる状態の、世間で言うにきび跡になって悩んでいる人も多いよね。にきび跡は一生残るケースもあるから、早急ににきび跡のケアや治療法を行う事が欠かせません!

医学、医療の知識の無い僕なんかは、にきび跡の治療法と言われても、薬局に売っている薬を塗るくらいしか思いつかず放置してたけど、そんなんじゃ何も解決しない事が分かったよ。

にきび跡が出来たらどうしようと焦って、自分でどんなにきび跡の治療法があるのか調べてみたんだ。にきび跡の治療法には「外用薬」「漢方薬」「医療機関の薬」「ケミカルピーリング」「フォトフェイシャル」「レーザー」など、よりどりみどり。優柔不断なのに、迷うな。

にきび跡の治療法の中でも、塗り薬や飲み薬はにきび跡が解消するまでにある程度の期間が必要なのネックかも。その点レーザ―の様に、薬以外のやり方でにきび跡を治す治療法は、ゴールまでの時間が短くて済むのが最大のメリット。

最近の皮膚科や美容整形外科でのにきび跡の治療法は、「ビーリング」や「レーザー」を使う所が多いとか。それに経験豊富な医師が、その人の症状に適したにきび跡の治療法を提案して、細かく治療法の内容を説明してくれるから不安も解消!もちろん、医師との相性、信頼感、本当の腕前はリサーチが必要だ。

全国の全てのクリニックに、最先端の医療機器が設置されてる訳でもないし、経験豊富な医師が常駐しているとも限らない。にきび跡の治療法で満足する為にも、治療法を受ける前には口コミなどで調べる事は重要だと思うよ。

にきび跡には自分で出来るケアも存在してるから、にきび跡の治療法を何でも医師に頼らず、自分でも努力すべきだと思う。これ以上にきびを作らず、発生しても正しいケアでにきび跡を作らないことは必須だね。

にきび跡は、にきびより憂鬱になるよ。だって元に戻すの難しいもん。今のにきびケア、本当に合ってる